Blog

世界にひとつです。

気まぐれな一点モノはいかがですか?

2017/9/27(Wed)

一年ほど前に、

とある雑貨店で購入したエプロン。

DSC_7014

かわいらしいシカ柄に惹かれました。

気分転換で、たまに着用しておりましたが、、

少し破けてきた箇所もあり、、、

まあ、

捨ててしまうのもあれなんで。。。。

DSC_7018

まずは、ヒモをカット!

DSC_7019

端にかかっているステッチを解きます!

DSC_7024

強度を出す為に、トリコット芯をアイロンで圧着!

DSC_7028

あれこれ、配置を考えながら裁断します!

DSC_7041

そしてミシンで「ダダダッ~」っと

そんなこんなで、

できました!

DSC_7033

おっ!おしゃれ!

DSC_7034

裏はAWT仕様で快適です!

DSC_7035

いい感じでシカさんもカメラ目線(笑)

DSC_7038

つぶらな瞳(笑)

DSC_7040

たぶん、、、

「世界に一個」しかありません(笑)

 

そんなこんなで、

不定期ではございますが、

シーズンコレクションとは違った

「季節の気まぐれ一点モノ」 シリーズも

今後、ECサイトで展開して行こう~!

なんて思っている今日この頃です。

お楽しみ~!

ではまた! T.Mでした。

カスタムオーダーフェアやりますよ~!

2017/7/11(Tue)

ここ最近

ずーっと、、

暑い日が続いておりますが、、、

皆様、いかがお過ごしでしょうか、、、、、

こう日差しが強いと、

帽子をかぶらないと、、

危険ですよね。。。

でも、せっかくかぶるんだったら~

自分だけのオリジナルな帽子をかぶりたいですよね~

と、言うことで

A WANDERING TAILOR 初の!

カスタムオーダー会を開催いたします!!

場所は、もちろん!

DSC_1496

の!

DSC_1480

A WANDERING TAILOR 期間限定SHOP!

にて開催いたします!

今回は、今シーズンのコレクションから2型Pic Up

その①

Cave Hat Type 2 

item04

頭部、ツバに形状を保持する機能がついていて様々なアレンジが可能です。

そんな、スタイリッシュで機能的なハットを~

名称未設定-2[1]

こんなに、わ・が・ま・ま にカスタム出来ます!!

Cave Hat Type 2 かぶるとこんな感じ

minastudio_parents_005dsc_0322DSC_0719[1]

今回は、なんとサイズも展開しております!

 ①54~56cm

 ②56~59cm

内側にサイズが調整できるベルトが入っているので

微調整も可能です!

¥18,000+Tax

 

その②

Tiered Hunting

item16

アシンメトリーなカッティングが特徴で

ツバが柔らかく、おでこに優しいハンチングも~

名称未設定-3[1]

わ・が・ま・ま カスタムが!!

かぶると~

DSC_0714[1]dsc_03871

さわやか~

もちろん、サイズも選べます。

 ①54~56cm

 ②56~59cm

後ろにサイズ調整ベルトがついているので

微調整も可能です。

¥14,000+Tax

 

素材も4種類ご用意!

(少し判りづらいですが。。)

ホワイト系

DSC_6586

ネイビー系

DSC_6585

手前から、

①ナイロンタッサー/撥水素材なのにナチュラルな風合いをもったAWT定番素材。

②コットンラッセル/ざっくりとした表面感が特徴。AWT今シーズン一番人気の素材。

③デニム/ポリエステル・ポリウレタン混紡の高級感ある光沢をもつ素材。

④リネン/ポリエステル混紡の上品で涼しげな雰囲気がこの時期にピッタリ!

さらに!さらに!

今回は、特別に

DSC_1537

代官山のファブリックブランド 「cocca」 さんの

ファブリックを帽子にすることも!

生地をお買い上げ頂き、お渡しして頂ければOKです。

そんなこんなで、

皆様、是非遊びに来てください!

T.Mでした!

————————————————————————–

<A WANDERING TAILOR Costom Order Fair>

場所/柏の葉T-SITE  暮らし(デザイン関連のコーナーです。)

日時/7月16日(日)14時~17時

  /7月23日(日)14時~17時

上記日程は、AWT創り手がおりますのでお気軽にご相談下さい。

また、製作に時間がかかる帽子なので、、

1日/2名様限定となっております。

ご理解の程、宜しくお願いいたします。

地味ですが重要なんです。

20175/26(Fri)

7月からスタートする

POP UP SHOP の商品製作で

大忙しなアトリエです。

そんなこんなで~

現在、室岡は裁断の鬼と化してます(笑)

AWTのアトリエで作成するものは

僕らが全てのパーツを手作業で裁断しています。

DSC_1266[1]

とてもとても地味な作業ですが

ここで間違えてしまうと、、

後で とんでもない事になります。。。。

なので、、ここが一番重要と言っても過言ではないのです!

 

 

現在、裁断をしているのが

AWTの中で1~2位の人気を争う

Peel Hunting のパーツ なのですが。。。

これが大変で、、

なんせ、

伸び~~る

 

DSC_1281

そして、薄~い!

DSC_1283

でも、この伸びと薄さが

この帽子の快適さの要因になっているのです!

 

通常は、

DSC_1273[1]

チャコペンやノッチ(切り込み)で印をつけていくのですが。。。 (水色、短っ)

この生地に関しては、

DSC_1268[1]

待ち針を打っていきます。

DSC_1267[1]

気が遠くなるような作業です(涙)

さらに、縫い合わせて行くときにも

待ち針を打つので、

1個の帽子に対して10~15本打って行きます。

DSC_1284

道具も渋いでしょ。

DSC_1271[1]

その間に、僕はひたすら裏地を作ってます。

もう少ししたら、

7月からのPOP UP SHOPの詳細を

ご案内できると思います。

心を込めて創った帽子を是非お試しにきて下さい!

では、製作作業に戻ります!

T.Mでした。

果実の皮が由来です。

2017-2-6(Mon)

「頭に寄り添う 柔らかく心地の良い帽子」

をコンセプトに

立体裁断で作成された

Peel Hunting

DSC_0625[1]

Peel  →  果実の皮etc… が

ネーミングの由来です。

まさに果実の皮を剥いた様なパターン 👇

DSC_0657[1]

どこのパーツにも芯地を貼っていないので

とても柔らかく、優しいかぶり心地です。

くるっと丸めると こんなにコンパクトに!

DSC_0627[1]

柔らかくて伸縮性のある素材を使用しているので

縫製するのに技術が必要とされます。

DSC_0622[1]

色々とミシンを調整しながら、

3月のリリースに向けて

A WANDERING TAILOR は

黙々と帽子を作ってます。

T.Mでした。

Tiered Hunting と申します。

2016-12-08(Thu)

気がつけば、、もう 12月! 

師走ですね。。早いですね。。。

渋谷ヒカリエの展示会が遠い昔に感じてしまう今日この頃です。

寒い日が続いておりますね。。

風邪などひかれませんよう どうぞご自愛下さい。

僕たち A WANDERING TAILOR は、新しい帽子を生み出すべく

日々、ミシンを踏み踏み燃えております!!!

 

さて、本日ご紹介するのは~

 

ドン!

%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%89

Tiered Hunting

です!

Tiered ⇒ 段・層

 

組合わせている生地の厚みが異なるので

表面に微妙なが生まれ、それがの様に見える!

と言ったところから名付けました。(上手い!笑)

 

一番の特徴は、

 

%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%a1%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc

大胆なカッティング!

しかも、アシメ!

異素材を同色で組合わせることによって、

さりげないアクセントになっております。

 

さらに、、、

dsc_0376

ツバに芯が入っていないので、コンパクトに畳めます!

そして、A WANDERING TAILOR の拘りは裏側にも!

dsc_0375

快適にかぶれる様に、様々な工夫が施されています。

(裏についての詳しい説明は次回ご紹介いたします。)

 

かぶる、とこんな感じです。

Model : K.S (A WANDERING TAILOR STAFF)

dsc_03871 

dsc_03881

dsc_03941

後頭部にボリュームを持たせた味わいのあるパターン。

金属パーツは全て生地に合わせて染めています。

 

最近は、Hunting Cap をかぶる人をあまり見ないような気がしてます。

そういえば、、、Hunting Cap は、鳥打帽って言いますね。。

ん! 2017年は、酉年!!

Hunting をかぶって、「飛ぶ鳥を落とす勢い」 

のステキな一年にしてはいかがでしょうか!

では、また!

T.Mでした。

 

1

ページのTOPへ